2009年04月04日

健康重視ルール

2009年4月3日 17時00分
初の異常事態…イチロー復帰未定、球団強制の緊急検査
 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)後にチームに合流したものの、めまいなどを訴えてオープン戦を欠場しているマリナーズのイチロー外野手(35)が2日、球団の指示で病院で精密検査を受けることになった。イチローは極度の疲労を訴えているが、過去に同様の症状を訴えて欠場を続けたことはなく、6日(日本時間7日)の開幕を完全な体調で迎えられるかどうか不安視される。日本最多安打記録更新も控える中、WBC連覇の代償は、侍ジャパンのチームリーダーのレギュラーシーズンに大きくのしかかっている。
 イチローが体調不良で15日間の故障者リストに登録された。
 イチローが受ける病院の精密検査は球団の指示によるものだ。
 球団は「今あせっても仕方ない。100%の体調に戻ってからだ」と球場に顔を出し「打撃練習を少ししたい」と申し出たイチローを制して自宅へ帰したこともある。
 吾輩は米球界の選手に対する健康重視の姿勢に敬服した。
 日本だったら主力選手の休場は痛手だから当人が出場すると言えば出場させるのではなかろうか。というより当人が出場したいと言わせるように仕向けるのではなかろうか。
 WBCでは投手の投球数制限までしている。これも素晴らしいことだと思う。
 高校野球や少年野球には是非採用して欲しい。
 根性・根性で連投させられ肩を壊して未来を失った逸材がいっぱいいるのではなかろうか。
 アメリカを見習って選手の健康を重視したルール作りが必要だと感じた。
イチロー胃潰瘍でDL入り 開幕出場不可能に 2009/04/04 03:40
 米大リーグ・マリナーズは3日、イチロー外野手を15日間の故障者リストに入れたと発表した。開幕からの出場が不可能になった。
この記事へのコメント
イチロー選手も鉄人ではなかった です。

 松井秀喜選手も監督から 一時ランニング禁止
 通達があったようです。
 日本では練習をすればするほど喜ばれますね。

Posted by あき at 2009年04月04日 08:12

 日本は根性論を振り回しますねぇ。
 選手を使い潰すことをなんとも思っていないんでしょう。

Posted by 島谷 at 2009年04月04日 11:20

>吾輩は米球界の選手に対する健康重視の姿勢に敬服した。

米国はビジネスだから(選手は商品)球数制限や故障者リストに入れて居るのです。
他にも契約時の条件が細かくあって
バスケットをしてはいけないとか有ります。
(怪我をすればいけないから)
体重が90kgを超えてはいけないとか。

Posted by chr at 2009年04月04日 19:50

 アメリカは選手を耐久消費財として大事に扱っているんですね。
 日本は選手を消耗品として使い捨てなんでしょうねぇ。

Posted by 島谷 at 2009年04月05日 04:44

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック