2009年03月29日

あだたら高原スキー行

 27・28の両日あひるさんの車で雀さん、123さん、あひるさんとあだたら高原にスキーに行ってきた。
 スキー場までの道路は全然雪がなかったがゲレンデはところどころブッシュがあったとはいえ充分に雪が残っていた。
 スキーセット、スキーウエアをレンタルして着替えゲレ食で昼飯を摂ってからとりあえずペアリフトでファミリーゲレンデで足馴らしをする。
 レンタルした120cmのショートスキーはファンスキーよりは楽ではないが板に振り回されないですみそうだ。
 ゴンドラに乗って山頂に向かう。
 快晴なのでゴンドラから見る景色も素晴らしいし山頂の景色は抜群だ。絶好の景色を見ながら滑り降りスキーの醍醐味が堪能できた。
 平坦なところはスケーティングせずストックを突いて進んだので足が痛まないですんだ。この調子ならかなり滑っても大丈夫そうだ。
 山の天気は変わりやすい。抜群の快晴から吹雪になったり快晴になったりを繰り返す。これも春スキーの醍醐味だ。
 しかし15時頃になると雪がべたべたになってきて緩斜面になるとストックで押さないと止まってしまう。リフト乗り場の近くになると力任せにストックを突かないと進まない。また、ターンをするとき足に負荷がかかる。だんだんと右足のプレート挿入部が痛くなってくる。
 これには参った。ついには板を外してリフトのりばまで歩くようになってしまった。するとあひるさんが飛んできて吾輩の板を持ってくれる。あひるさんのサポートに心から感謝。
 靴の後ろ側に寄りかかるようにして滑ると痛みが少ないことに気がついたので16時頃までスキーを楽しむことができた。

 宿の風呂は芋を洗うような混雑だったが源泉掛け流しの温泉は最高だ。湯量が豊富で勢いよく新しい温泉が湯船に流れ込んでくるので人数が多いのに不潔感がない。烏の行水の吾輩だが気分がいいので20分ほど湯を楽しんだ。入浴時間が長いから混雑するわけだ。
 しかし湯量が豊富というのはマイナス面もある。翌朝4時前に風呂に入ろうとして驚いた。熱くて湯船に手を入れられない。45℃以上あるのではなかろうか。湯船の端に水道があったのでコックを前回して水を入れるが源泉が流れ込む量の方が多いのでなかなか温度が下がらない。勢いよく注水している水道の蛇口のそばに身をかがめて入ったがそれでも猫肌の吾輩には熱すぎる。5分そこそこで退散した。昨日ちょうどよい湯加減だったのは大人数が風呂に入ったから人の身体で湯を冷やしていたんだといことを悟った。

 28日の朝は暖かかった前日とは打って変わった冷え込みだ。しかも風が強い。このためゴンドラが運休して朝一で動いているのはペアリフト1本だけだ。
 このためスノー客は全員1本のリフトに集中するのでリフトの前は行列だ。
 しかし気温が低いので昨日べたべただった雪は硬くなりゲレンデコンディションは最高だ。
 緩斜面のファミリーゲレンデだが快適に滑ることができた。
 10時になるとクワッドリフトが動き出した。こちらの方はペアリフトより空いている。最適なゲレンデコンディションなので気持ちよくリピートしていたが雪が硬いので振動が右足の骨に響く。そのうちに膝まで痛くなり出し10時半過ぎにはギブアップしてしまった。
 そんな吾輩にあひるさんは気を遣ってくれてスキーを中止し帰路につくことになった。あひるさん申し訳ない。

 高速道路乗り放題が実施されたので逆方向とはいえ渋滞を覚悟していたが車はスムースに流れている。SAも混雑していない。
 下り車線はどうだろうと反対車線をときどき眺めてみるが普通に流れている。
 午後だからだろうか。午前中が大渋滞ならその余波で午後もかなり渋滞していると思うのだが。
 東北自動車道には影響はなかったのだろうか。
 二本松ICから乗り川口料金所で1700円と表示された。
 4千円以上安くなった。

 一般道に入り山手通りを走って小田急代々木八幡駅の近くで車から下ろして貰い別れを告げ小田急で自宅に向かった。
 足手まといの吾輩だったがあひるさん達の気配りのおかげで楽しいスキー旅行ができた。
この記事へのコメント
おはようございます。
 細かいことですが、ひょっとすれば冒頭の日にちが17、18とあるのは27、28のような希ガス。スキーは面白そうですね。当地は昨日猛吹雪で市街地でスキーが出来そうでしたが、今朝は晴れましたのでどうやらテニスが出来そうです。

Posted by あど at 2009年03月29日 06:52

おはようございます。
 大ボケこいてました。
 慌てて修正しました。
 ご指摘ありがとうございました。

Posted by 島谷 at 2009年03月29日 06:57

おはようございます。

毎度ながら 島谷さんの若さにはびっくりしています。
 何歳まで スキーができますかな?、
 応援していますよ(ガンバッテ)。

Posted by あき at 2009年03月29日 09:24

おはようございます。
 体力より資力が続くか心配です。
 お金が続く限りスキーは続けたいと思っています。

Posted by 島谷 at 2009年03月29日 09:32

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック