2009年03月24日

ウインドシアの恐怖

 昨日のTVニュースはアクション映画と見まがうばかりの映像だった。
 着陸した飛行機が横転しひっくり返ったまま滑り炎上する。素人の吾輩が見ても横風にあおられてひっくり返ったようにしか見えない。
 当日の成田空港は前日の22日早朝から深夜まで同空港に離着陸する航空機のパイロットから「ウインドシアを観測した」との情報が23回もの報告があったという。
  成田航空地方気象台は同日午前5時50分から事故直前の翌23日午前6時すぎまで断続的に航空会社などに注意喚起していて事故機のフェデラル・エクスプレスにもその情報は流されていたという。
 ウインドシアとは今回の事故で初めて耳にした言葉だ。風向や風速が劇的に変化することをさす専門用語のようだ。今年の流行語になるかもしれない。
 自動車でさえウインドシアは恐怖だ。
 吾輩のK車すばるサンバーは横風に弱い。高速道路で横風が強いと流されるのでハンドルをしっかり握って車線を維持して走る。このような状態で突然反対側から横風を受けるとズズ〜っと大きく流され隣の車線まで飛ばされそうになる。関越道路はこのようなウインドシアが発生する場所が多いので風が強い日は恐怖の連続だ。
 翼のない自動車でさえウインドシアで大きく流される。大きな翼をもった飛行機にとってウインドシアの影響は想像を絶するものがあろう。
 ウインドシアの情報を伝えられたパイロットは着陸のときどのような心境だろう。
 風が収まるまで待機してから着陸に入るのだろうが着地寸前にウインドシアに見舞われたら手の施しようがないのではなかろうか。
 死亡事故は成田空港始まって以来のことだというが地域エゴとそれを煽る反日勢力のおかげで直角方向の滑走路をもたない同空港で今までこのような事故がなかったことの方が幸運だったような気がする。
 亡くなられた2名の搭乗員のご冥福をお祈りします。
貨物便炎上 ウインドシア事故、過去にも 2009/03/23
 成田空港で着陸に失敗した中国・広州発の米フェデックスの定期貨物便が炎上、乗員2人が死亡した事故で、事故原因の可能性として指摘されている「ウィンドシア」。


この記事へのコメント
おはようございます。
 昨日ニュースで事故の映像を見ましたが、悲惨な事故でした。直角方向の滑走路があればこういう事故が防げたのであれば、そういうことをしっかりと報道するべきでしょうね。

Posted by あど at 2009年03月24日 05:47

おはようございます。
 昨日のニュース解説では直角方向の滑走路がないことは危険だと言っていましたが、反対運動する連中はそんなの関係ねぇそんなの関係ねぇと言う希ガス。

Posted by 島谷 at 2009年03月24日 06:26

おはようございます。

 テレビで 航空専門家が 
 着陸してウインドシアが起きた時 もう一度機 体を浮かせなくては・・・と言っていました。
 
 映像みますと 確かに一度浮かせてる???
 着陸の反動で飛び上がってる???

 ケロッとして解説してるのには 腹が立ちました。

Posted by あき at 2009年03月24日 08:30

おはようございます。
 着地地の衝撃でパイロットが失神していることも考えられますねぇ。
 ハドソン川の奇跡を演じた名機長だったら無事着陸できたでしょうか?

Posted by 島谷 at 2009年03月24日 09:40

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック