2009年03月08日

ミモザ

みもざ 境川の遊歩道に500mほど手前から鮮やかな黄色い華で覆われた大きな樹が見える。
 寿命の長い華で半月ほど前から咲き始めていて未だに満開でいつ散り果てるかわからない。
 最近はこの華を眺めて歩いたり滑ったりするのが楽しみにしているが華の名前がわからない。ワイフもわからないという。
 ずーーーーっと気になっていたが今朝この樹の前を通りかかるとこの家の主人が遊歩道に脚立を置いて木の枝の剪定をしている。
 さっそく樹の名前を訊くとミモザだと教えて頂いた。
 これだけ立派にするには手入れが大変でしょうと言うと1年ほど小さな苗木を買ってきて植えたら勝手にこれだけ大きくなったのだと言われた。
 生命力の強い樹らしい。
 我が家でもミモザの苗木を買ってブルーベリーの代わりに植えてみようかなぁ。
 ご主人はよろしければどうぞと剪定ばさみでミモザの枝を切ってくださった。\(^o^)/
 美しいミモザを片手に気分よく散歩を続けることができた。


この記事へのコメント
こんにちわ。
桜より一足早く咲く黄色い豪華なミモザ、私も大好きです。写真からみると銀葉アカシア(=ゴールデンミモザ)のようですね。
ホームセンターなどで苗木も売っていますが、1メールぐらいだと結構な値段です。そこで種から育てるのも楽しいですよ〜。5月の連休の頃になると、豆科ですから莢に入った種が落ちてきますので、鉢などに埋めておくと芽が出て育てる事ができます。成長は早く、2年目ぐらいで背丈以上になり花が咲くようになるようです。
気をつける事は台風で大きな枝でも折れやすいので、家屋から少し離れた所の方が安全だと思います。
拙ブログ
ttp://idqtl.blog116.fc2.com/blog-date-200806.html


Posted by Ida at 2009年03月08日 21:08

Idaさん、情報ありがとうございます。
 種からでも2年で花が咲くようになるのですか。
 それなら種からの方が楽しみがあっていいですね。
 ミモザの枝は遊歩道まで延びていますから遊歩道に種が落ちるはずです。
 5月になったらその種を拾って植えてみます。
 拾えないようだったらIdaさんにメールして種をおねだりさせて頂きます。
 その節はよろしくお願いします。m(_ _)m

 Idaさんの写真のモリシマアカシア、フサアカシア、銀葉アカシアを見比べると私の見たミモザは小さい葉が密集しているので銀葉アカシアのようです。
 モリシマアカシアというのは珍しいのですか。

Posted by 島谷 at 2009年03月09日 04:52

>モリシマアカシアというのは珍しいのですか

養蜂とか樹皮からタンニンを取るという用途で植えられるようで、観賞用としては樹高がでかくなりすぎる、花がいくらか地味(淡黄小ぶり)、寒さに弱いなどの理由からか、ホームセンターでは見たことないですし、ネットショップやオークションでもめったにみかけません。あと、生命力が強すぎるので有害外来植物扱いになってるとかって話もチラと読んだような記憶があります。

まだ去年の種もあるのですが、1年経つと発芽率が落ちるようです。擬似越冬させるとか、種をお湯に漬けて発芽のきっかけ作りが必要なるんだとからしいです。その年の種だと簡単に発芽しますよ〜(実は私も歩道に落ちた種をば、いただいております(^^;

Posted by Ida at 2009年03月09日 15:52

Idaさん、ご教示ありがとうございます。
 生命力が強すぎるので有害外来植物ですか、、、
 そういえばニセアカシアも要注意外来植物というので問題になったことがありましたね。
ttp://qin.seesaa.net/article/18632483.html
 在来の有益生物を駆逐する外来生物は困りますが役立つ生物を外来だという理由で排除するのは行き過ぎだと思っています。
ttp://qin.seesaa.net/article/20802115.html

Posted by 島谷 at 2009年03月09日 16:21

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック