2009年02月09日

強盗に反撃は当然

海賊対策 首相「強盗に仕返しは当然」 2009/02/08 20:36
 麻生太郎首相は8日、福井県あわら市の講演で、ソマリア沖海賊被害対策での海上自衛隊艦船派遣をめぐり「海賊は強盗であって、戦争じゃない。国(や国に準ずる組織)ではない。強盗にやられたらやり返さないといけない」と述べ、海賊への反撃は、憲法が禁じる海外での武力行使に当たらないとの認識を強調した。
 世の中に100%間違っていることはない。止まっている時計でさえ1日に2回は正しい時刻を示す。
 麻生首相もたまには正しいことをいう。
 ソマリア沖海賊被害対策ばかりではなくシーシェパード被害対策として捕鯨船団の護衛として海上自衛隊艦船派遣もして欲しい。
この記事へのコメント
おはようございます。
 海賊ではなくあれはテロでしょうから、軍隊による制圧は当然ですね。シーシェパードも典型的なテロリストなので然るべき措置を講じても何ら問題はない、と思いマッスル。

Posted by あど at 2009年02月09日 06:11

おはようございます。
 シーシェパードに対して日本政府はなんの対策もしないのは腹立たしいですね。
 ロシアだったらシーシェパードの船を撃沈しているに違いありません。

Posted by 島谷 at 2009年02月09日 06:22

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック