2009年01月29日

ロシアを見習え

 日吉水産の漁船第38吉丸が排他的経済水域である200カイリ線を3マイルほどロシア側に超えたことに気づき戻ろうとしたところ臨検を受け領海侵犯としてナホトカに連行された。
 これが日本だったらどうだろう。
 排他的水域どころか日本領海内に不審船が侵入して来ても拿捕できない。
 不審船に警告を発しても堂々と進行する。
 領海侵犯した船を傷つけると相手の国から抗議され謝罪する。
 このようなことで国が守れるのだろうか。
 ロシアを見習い領海侵犯した船はビシバシ拿捕して欲しい。
 領海侵犯した船を攻撃して拿捕することが憲法違反だとしたらそのような亡国憲法は一刻も早く改正すべきだ。


この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック