2009年01月25日

ガクガク笑う足

 昨朝6時あひるさんが窓を開けると外はしんしんと雪が降っていて窓の外に10cmくらい雪が積もっている。
 これで晴れれば絶好のコンディションと3人で喜ぶ。みんな脳天気。
 新潟地方は雪との天気予報でがっくり。
 しかし朝一でリフトに向かったときは幸いにも雪が止んでいた。普段の心がけの良さだろう。
 とりあえず足慣らしに第1クワッドから下のコースを滑る。
 新雪を圧雪車で整備されたゲレンデはベストコンディションで気持ちよく滑ることができた。
 ストックは相変わらず邪魔だがレンタルのカービングスキーに少しは慣れてきたようだ。2000円で買った中古の基礎スキーに比べて重さが軽いし長さが短いだけ使いやすいのだろう。それでもファンスキーに比べて取り回しの自由が利かない。ファンスキーが懐かしい。
 9時半過ぎまで下で滑ってから混まないうちに上に行こうということになり第6ペアリフトで山頂に行く。
 リフトを降り左側のコースを下る。かなりの急斜面なので吾輩が先頭を滑り、吾輩が倒れたら助けることができるように雀さんとあひるさんが吾輩の後をフォローして滑ってくれることになった。
 コース幅が狭いのでショートターンで滑り降りたいのだがファンスキーと違って板が長いのでパッパと切り替えられない。
 ロングターンではスピードが出すぎて暴走しそうだ。ターンを諦めサイドストップでいったん止まり1呼吸してから向きを変えて滑るということを繰り返して滑り降りた。
 この滑りかた体力を消耗するんだなぁ。
 2回ほど滑ったら足がガクガク笑って緩斜面でもスキーを御することが難しくなった。
 しかも雪が吹雪いてきた。
 時計を見ると11時だ。
 足手まといの吾輩に伴走してくれた二人に感謝し吾輩だけ上がってゲレ食で待つことにした。
 吾輩には1m60cmのカービングスキーでも長すぎる。
 フリーライドスキーなら1m20cm程度の長さらしいからできるだけ短いフリーライドスキーを買うことにしよう。
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック