2008年02月22日

スタイルシートの謎

 Webページはスタイルシートでレイアウトを定義することができる。
 しかし、このスタイルシートは互換性が乏しいように感じられてならない。
 スタイルシートを使って作成されたHTMLのレイアウトがIEとfire-foxとで違ったレイアウトになってしまうことは少なくない。
 例えばWindowsXPのIEなら font-family:monospace; と指定すれば等幅フォントで表示されるのにfire-foxなどのGecko系ブラウザでは等幅フォントに表示されない。
 Gecko系ブラウザで等幅フォントで表示させるためには font-family:"MS ゴシック",平成角ゴシック,Osaka-等幅,monospace; と具体的な等幅フォント名を列記しなければならない。
 スタイルシートの解釈がブラウザやOSによって変わる程度なら不便ではあるがまだ理解できる。
 納得できないのは同じHTML文書でもアップしたサイトによってレイアウトが変わってしまうことだ。
 例えば関西どっとコムではイーモバイルEM・ONEαのIEなら font-family:"MS ゴシック",平成角ゴシック,Osaka-等幅,monospace; で等幅フォントが表示されるのにWindowsXPではすべてのブラウザで等幅フォントで表示されない。
 eXciteではIEなら font-family:"MS ゴシック",平成角ゴシック,Osaka-等幅,monospace; で等幅フォントで表示されるのに Gecko系ブラウザでは等幅フォントに表示されない。
 スタイルシートの解釈がサイトによって変わる一例を font-family で示したが background: その他サイトによって無視されてしまうプロパティが少なくない。
 なんとかならないものだろうか。
posted at 05:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報技術
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック