2009年01月03日

新型インフルエンザの想定死者数

新型インフル想定死者数「64万人」を上方修正 政府方針 01/02 23:53
iza:イザ!
 甚大な被害が懸念される新型インフルエンザについて政府は、死者数の見込みを現在の「最大64万人」から上方修正するなど、より厳しい被害想定を立てる方針を固めた。他の先進諸国に比べ、死者数や感染率の見積もりが低すぎるという指摘が専門家らから強く出されたことが理由となった。1月中に厚生労働省が専門家による研究グループを立ち上げ、過去に大流行したインフルエンザ被害などの検証を始める。年度内にも検証結果をまとめ、被害想定の見直しや、対策の見直し作業に入る。
 政府は新型インフルエンザによる死者数の見込みを最大64万人より上方修正して対策をたてることになったという。
 人口比率に対する感染者数の見込み25%がアメリカの30%、イギリスの50%に比べて低すぎるということらしい。
 たしかに日本の人口密度はアメリカより高いからアメリカより感染率が低いのは楽観的すぎるかもしれない。
 アメリカとイギリスの中間をとって40%とすると5千200万人が観戦することになり、その2%が死亡するとなると104万人だ。おそろしやー。
 25%の感染率でもワクチンやタミフルが足らないと騒いでいる。
 しかも新型インフルエンザはいままでのワクチンが効かない可能性が高く新しいワクチンはインフルエンザが発生してから作るので時間が掛かる。
 40%の感染率だと医療機関や医薬品が足りないことは火を見るよりも明らかだ。
 我々は免疫力を高めて感染しないように自己防衛するしかなさそうだ。
この記事へのコメント
おはようございます。
 運悪く新型インフルエンザに感染してウイルスが心臓に取りついたら、今度は完全にアウトかもしれないので恐怖です。

Posted by あど at 2009年01月03日 05:32

おはようございます。
 感染しないように心がけるほかなさそうですね。
 新型インフルエンザが流行し始めたら買い物にも出かけるのも危険ですね。
 国民の50%が感染したら運送が停滞して大変なことになりそうです。

Posted by 島谷 at 2009年01月03日 05:37

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック