2008年11月22日

お茶目な両アタリ

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼
├┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼
┼┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┤

├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┤
├┼┼┤
├┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼B┼┼┼┼┼
├┼・┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼
└┴┴┴┴┴┴┴C
 吾輩の集中力は調子がよいときでも100手までが限度らしい。100手をすぎると集中力がどんどん衰え200手すぎると調子の良いときでも惰性で打つようになってしまう。
 200手目ハネコミがお約束のお茶目。
 キリで両アタリ。
 それでも今日は調子がいいのだろう。両アタリに気がつき白Aヌキ黒Bヌキになった。
 いつもの吾輩だと白Bツギ黒Cヌキとなるところだ。
 碁を打つことはストレスをためることと覚えたり。
この記事へのコメント
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼
├┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼
┼┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┤

├┼┼┼┼┤
├┼10┼┼
├┼┼┤
├┼┼┤
├┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼
├┼・┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼
└┴┴┴┴┴┴┴┴
 お茶目をしないで中央を続けて打てば先手セキになったようだ。


Posted by 島谷 at 2008年11月22日 11:35

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック