2008年11月19日

テロ時代到来の悪寒

【元厚生次官宅連続襲撃】テロの可能性 殺人・未遂事件で捜査 00:25
iza:イザ!
 さいたま市南区別所の元厚生事務次官、山口剛彦さん(66)と妻の美知子さん(61)が18日午前、胸から血を流して死亡しているのが見つかり、埼玉県警は殺人事件と断定した。同日夜には東京都中野区上鷺宮の元厚生事務次官、吉原健二さん(76)方で、妻の靖子さん(72)が胸や腹などを刺されて重傷を負い、警視庁は殺人未遂容疑で捜査。山口さんと吉原さんは局長や課長として年金関連のポストを務めていたことから、警察庁は元厚生省幹部を狙った連続テロの可能性があるとみて、警視庁と埼玉県警に捜査を指示した。
 元厚生事務次官2名が連続して襲撃を受け死傷した。
 警察庁や厚労省は政治テロの可能性があると警戒を深めたようだ。
 年金の問題はいつになっても解決しそうもない。
 今の日本は年金問題に限らず政治不在で解決しない問題が山積みだ。
 これは事なかれ主義の無能政権と日本を犠牲にしても政権を得ようとしている民主党の責任だ。
 不平不満が積もり積もって急増しテロを起こしたくもなろう。

 しかし、事務次官、社保庁高官などを襲撃してもなんの解決にもならない。
 年金作業に当たっている人たちに恐怖心を植え付け作業を遅らせるだけだ。
 テロは社会不安を煽る凶悪犯罪だ。
 警察は徹底して防いで欲しい。
 また国民そっちのけで政権闘争に明け暮れしている自民党や民主党は心を入れ替えてしっかりと政策論議をして欲しい。
 しかし今の自民党や民主党にまともな政治を期待するのは無理だろうなぁ。
 今後もいろいろなテロが続発する悪寒がしてならない。
この記事へのコメント
おはようございます。
 この種の事件は犯人を検挙するのが一番の再発防止策ですが、まだ犯人検挙の情報はないようですね。一刻も早く犯人を捕まえ、事件の真相を明らかにしてもらいたいものです。

Posted by あど at 2008年11月19日 05:00

おはようございます。
 怨恨での殺傷なら逮捕が早いと思いますが、組織的犯罪だと時間がかかるでしょうねぇ。
 官僚の腐敗、政治の空白、これからもどんどん起こりそうで心配です。
 医師不足による不満で産科医を告訴した被害者遺族や検察が襲撃を受けないことを祈ります。

Posted by 島谷 at 2008年11月19日 05:17

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック