2008年11月17日

5%の道遠し

 主治医からインラインスケートの許可がでたのでさっそく滑ることにした。
 プロテクターを付けようとして愕然とした。
 ぶかぶかだ。
 毎日午前5千歩午後5千歩ウオーキングしているのに膝回りの筋肉が衰えている。
 ウオーキングでは膝回りの筋肉を使わないのだろうか?
 靴を装着して玄関から1歩踏み出して驚いた。
 なかなかバランスが取れない。玄関の前にある排水溝の蓋を横切るとき危うくコケそうになった。
 左足で踏ん張ってなんとかコケずにすんだがスムーズに滑れない。
 手でバランスを取りながらチョコチョコと小刻みに滑ることになる。
 なるほど右足は初心者だ。て優香ぁ、吾輩は初めてインラインスケートを滑ったときもこれほどぎこちなかった象。
 滑るというのがこれほど大変なものだとは思わなかった。
 吾輩はことあるごとにインラインスケートは高齢者向けのスポーツだと言っていたが訂正しなければいけなさそうだ。
 この調子ではスキーでコブ斜面はおろか緩斜面さえまともに滑れそうもない。(涙)
 慎重にすべっているうちに少しは滑りのストロークが長くなってきたが足に無理な力が掛かっているのだろう。だんだん右足の傷跡が痛くなってきた。
 無理をしてコケて怪我をしたら元の木阿弥だ。たった十数分のスケーティングだったがやめて家に戻った。
 汗でからだ中ぐしょぐしょだ。
 風呂に入って入念に指回しする。これで筋肉痛にはならないはず。
 明日から慣れるまで十数分ずつ滑ることにしよう。
 スキーの予定はインラインスケートがまともに滑れるようになってからだ。
 回復度95%は後5%で全治ということなのだろうが5%の道は遠いなぁ。
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック