2008年11月17日

回復度95%

 主治医が右足のレントゲンを見ながら『骨は95%ほど回復してますね』と語る。
 ゲッ!まだ完治してないんだ。(;>ω<)/
 主治医は話を続ける。『日常の生活は普通にしていいでしょう。インラインスケートも転ばないように気をつければしてもいいでしょう。』
 \(^o^)/インラインスケートができる象o(^o^)o
 『スキーはどうでしょう』と吾輩が尋ねる。
 『緩斜面を慎重に滑るのならいいでしょう。』と主治医が答える。
 『コブ斜面は々ですか』と尋ねると『それは危険だからいいとは言えない』と主治医の答え。
 うーむ、、、コブが滑れないのではスキーの楽しみは激減するなぁ。
 主治医は『次回は3ヶ月後の2月2日です。そのときには完治してますよ。』と慰めてくれた。
 春スキーならコブは滑れるようになっているかなぁ、、、、
 整形外科診療が終わってからリハ室に行く。
 理学療法士は吾輩の右足を左右にねじる動きを調べてから左足に比べて筋力がだいぶ落ちているという。
 そりゃそーだ、右足首の左右へねじる動きは禁止されていたからずーっと動かさないでいた。
 ゴムチューブで足首に負荷をかけて足首を左右にねじるトレーニングをした。家でもこのトレーニングをするようにと指示された。
 理学療法士は『右足は使わないでいたから急に左足と同じような動きはできません。右足は初心者だというつもりで運動してください。』と指導する。
 右足は初心者かぁ、うまいこというなぁ。
 今シーズンは初心者コースを滑って足慣らしかなぁ。
この記事へのコメント
 右足は初心者、素晴らしい言葉ですね。どう考えても今年は急斜面のこぶを楽しむのはアブナイ。超初心者コースで若いオナゴと子供に混じってユルユルと楽しむのが吉と思いマッスル。
 でもたった11ヶ月で骨が95%も回復したのは凄い。ひょっとすれば肉体年齢はまだまだ若者かもしれませんね。

Posted by あど at 2008年11月17日 18:50

ありがとうございます。
 毎日かる〜くインラインスケートで足慣らしをして滑るために必要な筋トレをしようと思っちょります。

Posted by 島谷 at 2008年11月18日 03:51

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック