2005年12月23日

textareaにテキスト碁盤の取り込み

 izuizuさん碁石背景テキスト碁盤作成ツールは、列削除ができたり、コメント欄になどを入力するボタンがあったりしてとても使い勝手がよさそうです。
 ただ、右側の碁盤をコメントボックスに出力させてから左側のテキストボックス(name=txtban)にコピペしなければならないのでボタンをクリックしたら右側の碁盤の局面を左側のテキストボックスに取り込めるようにしようと下記のスクリプトを組んでみました。
function make() {
txtban.value=
LeafShow.GetKifuStr('TEXT_GOBAN_NOCOL');
}

<input type="button" value="取込" onClick=make()>

 結果はスクリプトエラーになってしまいました。
 しかし、txtban.value= を ta.value= に変更し <textarea value=ta cols=60 rows=10> でテストするとエラーにならずテキストボックス(name=ta)にテキスト碁盤が出力されます。
 なにが違うのでしょう。
 IT弱者にとってスクリプトは謎だらけです。
posted at 05:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | 情報技術
この記事へのコメント
テキスト碁盤が、この方法で石葉から直接取り込めるんですね。

txtban.value=
LeafShow.GetKifuStr('TEXT_GOBAN_NOCOL');



document.forms[0].txtban.value=LeafShow.GetKifuStr('TEXT_GOBAN_NOCOL');

このように直せば、エラーにならないと思います。
名前をtaに変えるだけで、エラーがなおるとは思えないのですけど。なぜなんでしょう?

Posted by izuizu at 2005年12月23日 23:48

document.forms[0].txtban.value=LeafShow.GetKifuStr('TEXT_GOBAN_NOCOL');

このように直せば、エラーにならないと思います。
 それも試みたのですが、テキストエリアに碁盤が表示されません。
 不思議なことに[変換]ボタンをクリックすると取り込んだ碁盤が変換されて下に表示されます。
 上のテキストエリアは空白のままです。
 下に表示された碁盤をテキストエリアにコピペして[座標削除][左削除][右削除]しても変化がありません。
 しかし、[変換]ボタンをクリックすると作成される碁盤には反映されます。

 まだ、碁盤を取り込まない状態(下に変換後の碁盤が表示されていない状態)でテキストエリアに碁盤を貼り込み[変換][座標削除][左削除][右削除]操作をするとスクリプトエラーになります。

名前をtaに変えるだけで、エラーがなおるとは思えないのですけど。なぜなんでしょう?
 名前をtaに変えただけではなく、出力先を名前がtaのテキストエリアにすればエラーにならないのです。
 名前がtxtbanのテキストエリアに出力するとエラーになるのは他の関数とバッティングしているのではないかと思うのですが、scriptの素養がないため原因がわからないのです。もうやだ〜(悲しい顔)

Posted by 島谷 at 2005年12月24日 04:16

 あちこちいじっているうちに変えてはいけない部分まで変えてしまっていたようです。
 オリジナルに戻し、教えて頂いたコードでmake()関数を追加したら目通り動作するようになりました。
 どうもありがとうございました。

 右フレームのテキスト碁盤生成ツールを差し替えました。

Posted by 島谷 at 2005年12月24日 05:19

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック