2008年11月03日

ハニカミ王子プロ初優勝

17歳1カ月 攻めた、ほえた 00:56
 ハニカミ王子、涙の最年少優勝。男子プロゴルフツアーのマイナビABCチャンピオンシップは2日、兵庫県加東市のABCゴルフ倶楽部で最終ラウンドを行い、石川遼選手(東京・杉並学院高2年)が通算9アンダーでプロ転向後初のツアー制覇を果たした。石川選手は優勝インタビューで、「ゴルフをやっていて良かった。(周囲の)ありがたさを優勝して感じることがでできた」と涙をにじませながら力強く語った。
 ハニカミ王子がプロとしてのツアー初優勝を飾った。
 17歳1ヶ月での優勝は最年少新記録だという。
 重ねてめでたい。
 囲碁の世界では18歳の井山祐太8段が第33期名人戦で張栩名人に挑戦して善戦健闘している。
 来る11月5日・6日が最終局でこの碁に勝てば名人になって最年少記録を書き換える。
 そうすればハニカミ王子でゴルフが脚光を浴びたように囲碁も脚光を浴びるようになるだろう。
 低迷している日本囲碁界にルネサンスが到来するかもしれない。
 フレー・フレー・いやま・フレー・フレー・ルネサンス王子
2008年11月2日 20時52分
<男子ゴルフ>石川、心の葛藤に勝ち初V…常時ファン殺到し
 「こんなヘタな自分が、たくさんの人に応援してもらっていいのだろうか」。長い心の葛藤(かっとう)に打ち勝った瞬間だった。兵庫県加東市で2日まで開かれた男子プロゴルフの「マイナビABCチャンピオンシップ」で、プロとしてのツアー初優勝を飾った石川遼選手(17)。ウイニングパットを決めた直後にあふれ出た涙は、表彰式から記者会見まで30分以上にわたって流れ続けた。

この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック