2008年11月01日

手拍子の劫トリ

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼A┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
┼┼┼┼┼┼┤
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
┼┤
┼┼┼┼┼┼┼┤
┼┼┼・┼┤
┼┼┼┤
┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
 月が変わったので封印していた碁をKGSで打つことにした。
 しかし相変わらず手拍子病が重篤だ。
 劫トリにヌキはいいとしてアテにノータイムでの1路左に劫を取り返したのが手拍子の極み。
 クリックした瞬間シマッターっと思ったがときすでに遅し。
 黒Aハネを打たれたらどうしようと悩んでいたら、、
 手拍子病は感染症らしい。黒さんも手拍子での1路右に劫を取り返してくれたのでAノビを打つことができた。
この記事へのコメント
島谷先生とは レベルが違いますが
 最近は 地の大きさは勿論考えないといけませんが 

 それよりも 大石の安定を優先して打つように
 心がけています、この図ですと 下辺の20目より 黒Aハネです、
 白黒とも 地の大きさに意地張ってるようです。(失礼しました)

Posted by あき at 2008年11月01日 11:28

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼161312┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼111018┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼14┼┼┼┼┼┼┼┤
211517┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
2220┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼19┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
┼┼┼┼┼┼┤
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
┼┤
┼┼┼┼┼┼┼┤
┼┼┼・┼┤
┼┼┼┤
┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
23の1路左劫トリ
 黒105でハネを打たれたら気合いでと劫を抜いて中央の黒を攻めるふりをしますがキリで中央の黒は安泰ですね。
 この後サガリと左上隅を動くと19と封鎖され22と活きると23と劫を取り返され白は白は何を打ったかわからないことになりますねぇ。


Posted by 島谷 at 2008年11月01日 13:24

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック