2008年10月15日

携帯プレーヤーの落とし穴

 EUは大音量でMP3プレーヤーなどを長時間にわたって聞き続けると回復不能な難聴になると警鐘を鳴らした。
 アッタリ前田のクラッカー、今更わざわざ発表するまでもないと思うのだが改めて発表しなければならないほどヨーロッパの若者達は難聴に冒されているのだろうか。
 耳の線毛細胞は傷つくと回復不能だと言われている。年を取るに従い高音域の音が聞こえなくなるのは線毛細胞が減って行くからだ。
 MP3プレーヤーなどの携帯プレーヤーに限らず大音量に接する機会が多ければ難聴になりやすいのは当然だがなぜ携帯プレーヤーだけが問題になるのだろう。
 吾輩は携帯プレーヤーはヘッドホンやイヤホンで聴くことに原因があると思っている。
 大音響の環境では耳だけではなくからだ全体で音を感じる。
 ヘッドホンやイヤホンの場合は耳だけで音を感じるから同じ音量を体感するためにはからだ全体で音を感じるときよりボリュームを上げることになってしまうのではないだろうか。
 電車などでシャカシャカと音漏れさせて携帯プレーヤーを聞いている人が少なくないが横で音が聞こえるくらいなのだから当人の耳には飛行場の騒音を上回るような音量になっているのではなかろうか。
 イヤホンやヘッドホンは自分一人だけで音楽を聴くのに便利な道具だがからだ全体で音を聴くのと同じ体感を得るためにはどんどんボリュームを上げることになりがちだ。
 最近は聴力障害者のために骨伝導で音を聞く機器が開発されている。
 イヤホン・ヘッドホンに骨伝導聴音機器とを組み合わせた携帯プレーヤーができないものだろうか。
この記事へのコメント
おはようございます。
 確かにイヤホンやヘッドホンで自転車に乗ったり歩きながら音楽を楽しんでいる人が多いですね。耳に悪いというより危険な気がします。今でもステレオの前に陣取ってかしこまって音楽を聴く人はいるのかなあ?

Posted by あど at 2008年10月15日 06:21

おはようございます。
 ヘッドホンをして散歩している人もいます。
 折角の鳥の鳴き声や川のせせらぎを聞くことができないのでもったいないなぁと思っています。

 オーディオマニアはステレオの前でかしこまって音楽を聴いているんじゃないでしょうか。

Posted by 島谷 at 2008年10月15日 06:53

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック