2008年08月18日

害虫も気候変動の一因?

 世界害虫駆除会議でタイ害虫駆除協会会長は、「すべての虫たちは自ら二酸化炭素を排出している。」と害虫も気候変動の一因だと発表した。
 うーむ、我田引水の感じがするなぁ。
 同会長は「世界の温度が1度上がるごとに、虫たちの世代交代は早まる。交代が早まるほど虫全体の生息密度は高まる」ともいう。
 これはわかる感じがする。
 アルゼンチン蟻、マラリア蚊の増殖など温暖化で害虫が増えている実感があるからだ。
 害虫が温暖化の原因というのは「鶏が先か、卵が先か」に対して「鶏が先だ」と言っているように感じる。
 害虫駆除の重要性を強調したいための発言なんだろうな。
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック