2008年06月19日

日中関係半歩前進

 昨夜のTVで東シナ海の翌檜ガス田と白樺ガス田に対して日中共同開発が合意された旨のニュースが流れた。
 残り3つのガス田については触れられていないそうだが懸案事項の解決に向かって半歩踏み出したことに拍手を送りたい。
 福田首相ののろまな政権運営に批判の声が高いが小泉・安倍によってガタガタにぶち壊された荒野と化した政界で足早に歩けるはずがないではないか。
 安倍のように口先だけで理想論を振りして進むどころかこけてしまうよりもにじり足であっても進む方がましだ。
 東シナ海のガス田共同開発は領有権交渉に対しての糸口になろう。
 ただし狡猾な中国相手の交渉だ。ガス田開発に資金だけ提供して見返りが何もないようなことにならないようにして欲しい。
 (島谷的舞録゛@FC2に移動します。)
posted at 04:20 | ちまたの話題